2017年 03月 23日 ( 1 )

現在の新築外構を

見るとほとんどコンクリとで覆われていますが何年か経って設備や水道配管に異常が発生すると復旧工事が大変です。キッチンや浴室をリフォームしなければならない状況になってきたのですが配管の老朽化や手抜き工事など最近になって発見。


f0260167_19525077.jpg



水道配管は旧の配管で衝撃や耐圧に弱いパイプで耐圧管に取り替え中、震災後に漏れたと思われる水漏れも2年前に発見して自分で修理、今年新たに壁からの水漏れ発見リフォームメーカーにお願いした給湯器の配管取り替え工事の際に配管を傷つけた後の素人処理・・お風呂に給湯器からお湯を送る配管です。壁を削る際に配管を傷つけ穴が開いてそこに短いネジをねじ込んで塞いでいた・・年数が経ちネジや配管が腐り水が漏れてばれてしまった。本職なら予備配管やガスバナーやろう付け材があれば補修は可能だと思うのですが『知識が無かったのか?』『かやる気が無かったのか?』『材料や道具が無かったのか?』それとも『全てが無かったのか?』工事で失敗しないように最善の注意を払っても予想もしないことがおこるのがリフォーム工事です。職人なのでわかりますが問題は後処理ですよね・・姿勢の問題・・そんな事でお金も無いので自分で出来ることは自分でやってます。仕上げはレンガを敷くだけ何があってもすぐに補修が出来るように見た目も良くなると思います。



f0260167_19531814.jpg

by gardenh3 | 2017-03-23 20:50

外構ガーデン工事をフォトで紹介